レバノンの考古学的遺跡トップ5

記事

Carole Raddato
a} によって、ADNAN UTKU によって翻訳される。
d}に掲載されました。
X
translations icon
他の言語でも利用可能: イングリッシュ, トルコ語

中東でも有数の壮大な古代遺跡があるレバノンは、5,000年以上の歴史を持つ豊かで多様な遺産があります。何千年もの間、様々な帝国がこの国の建築物や文化に足跡を残してきました。フェニキア人、ギリシャ人、ローマ人、そして様々なアラブの王朝がこの海岸に居住し、探索のために見事な考古学的歴史を残しています。1984年にUNESCOの世界遺産に登録されたバールベック、ビブロス、タイア、アンジャールなどの印象的な遺跡があるレバノンでは、世界の偉大な文明の歴史を辿ることができます。

Temple of Bacchus, Baalbek
バールベック、バッカス神殿
Carole Raddato (CC BY-NC-SA)

レバノンは複雑で激動の過去を持ち、様々な形の紛争を経験してきました。そのため、この美しい国は、観光業のポテンシャルを十分に発揮することができませんでした。しかし、(最近の反政府デモにもかかわらず)平和が戻ってきており、レバノンへ訪問はこれまで以上に充実したものになっています。国は、観光客にとって比較的安全な場所であり、特にツアーオペレーターや現地ガイドと一緒に旅行する場合は、その安全性が保たれています。

ここで、レバノンで必見の5つの古代遺跡をご紹介しましょう。

1. バールベック

ユピテル・ヘリオポリタヌスの聖域は、ローマ帝国最大の寺院で、54本の柱のうち6本が残っています。

バールベックはローマ建築の傑作で、保存状態が非常に良い巨大な聖域で有名です。バールベック(ローマ時代には「ヘリオポリス」または「太陽の都市」と呼ばれていた)の神殿は、何世紀にもわたって何メートルもの瓦礫の下に埋もれ、中世の要塞によって隠されていました。遺跡の大規模な発掘は1900年に始まった。現存する遺跡は、プロピュライア、六角形の中庭、大中庭、ジュピター・テンプルで構成されるジュピター・ヘリオポリタヌスの聖域です。ローマ帝国最大の神殿であり、当初54本あった柱のうち6本しか残っていません.聖域全体は、幅120メートル、長さ400メートルの隆起した広場に形成されており、訪れる人々にドラマチックな効果を与えています。複合施設の主要な建設キャンペーンは、1世紀半ばから3世紀までの200年以上に渡って行われました.

Baalbek, Lebanon
レバノン、バールベック
Carole Raddato (CC BY-NC-SA)

複合体の南側には、保存状態の良いバッカス神殿と小さな円形神殿があり、後者はメインの複合体の外側に位置しています。313年、コンスタンティヌス1世(在位306~337年)がキリスト教をローマ帝国の公式宗教としたため、神殿は閉鎖されました。

Baalbek, Great Courtyard
バールベク、大中庭
Carole Raddato (CC BY-NC-SA)

バールベックの近くにはローマ時代の石切り場があり、考古学者が人間の手で彫られた最大の石造りのブロックを発見しています。最大のものは、長さ19.6メートル、幅6メートル、高さ5.6メートルで、重量は推定1,650トン。このブロックは紀元前27年頃のもので、バールベックのジュピター神殿で使用されることを想定していたと考えられます。石は、巨大すぎて輸送できなかったため、採石場から出てこなかったのではないかと言われています。

Baalbek Stones
バールベクの石
Carole Raddato (CC BY-NC-SA)

2.古代都市・タイア

かつて「海の女王」と呼ばれた古代都市タイアは、フェニキア人の初期の都市のひとつで、伝説によると、ここで紫色の染料が発明されたと言われています。地中海の東岸に位置するこの大フェニキア人の都市は、国際貿易の中心地として繁栄しました。発掘調査では、グレコ・ローマ、十字軍、ビザンチンの各文明の遺跡が発見されていますが、フェニキア時代の遺跡の多くは現在の町の地下に眠っています。現在、アル・バス遺跡、アル・ミナ遺跡、ビザンチン様式のバジリカの3つの史跡を訪れることができます。

Tyre, Lebanon
レバノン・タイレ
Carole Raddato (CC BY-NC-SA)

アル・バス遺跡は、広大なネクロポリス、ハドリアヌス帝時代(117〜138年)に建設された記念碑的なアーチ、ローマ時代のヒポドロームなどで構成されており、これまでに発見された中で最大級のものです。いずれも紀元前2世紀から6世紀のものです。フェニキア人の島の都市だった場所に位置するアル・ミナ遺跡には、市民の建物、列柱、ローマの浴場などの遺跡があります。

Arch of Hadrian, Tyre
ハドリアヌスのアーチ、タイア
Carole Raddato (CC BY-NC-SA)

2.ビブロス

ビブロスは、フェニキア文明の始まりを物語る港町でした。新石器時代、金石併用時代、フェニキア時代、ギリシャ時代、ローマ時代の遺跡が混在する雰囲気のある遺跡で、世界で最も古くから人が住み続けている町のひとつです。12世紀以降、多くの旅行者がビブロスを訪れているが、19世紀末になって、ビブロスの幾重にも重なる歴史(合計7つ)が明らかになった。一番のランドマークは12世紀に建てられたCE十字軍の城で、現在は小さな博物館になっており、その屋上からは遺跡全体を見渡すことができます。遺跡には、フェニキア人の城壁跡、紀元前3~2千年前に建てられたいくつかの神殿、海を見下ろす復元されたローマ劇場などがあります。

Byblos, Lebanon
レバノン,ビブロス
Carole Raddato (CC BY-NC-SA)

オベリスク神殿は、この遺跡の中で最も異質な建造物です。紀元前1600年から1200年頃に建設されたもので、聖なる中庭と多数の立像オベリスクで構成されています。オベリスク以外にも、金箔を貼り、円錐形の帽子をかぶった男性を表す1,000体以上のエクス・ボト・スタチューが発見されています。現在、ベイルートの国立博物館に展示されています。

Temple of the Obelisks
オベリスクの神殿
Satak Lord (CC BY-SA)

現代のアルファベット発祥の地として知られるビブロスは、かつて世界の海上貿易の中心地でした。特にシダーウッドは、地中海東部の主要な木材出荷拠点となっていた。

4.絵のように美しいFaqraのサイト

絵のように美しいFaqraの遺跡は、ベイルートの北に位置するナール・エル・カルブ渓谷地域にあります。中に、神殿や祭壇、大きな四角いモニュメントのような塔などが2箇所に点在しています。最初の遺跡は、Faqraの地元のバアルであるゼウス・ベエルガラソスという神に捧げられた記念碑的な寺院と、北シリアの主な女神であるアタルガティスに捧げられた小さな寺院で構成されています。

Faqra, Lebanon [Site 1]
レバノン、Faqra [サイト1]
Carole Raddato (CC BY-NC-SA)

2つ目の敷地には、15m四方の大きなタワーがあり、当初は3階建てでピラミッド型の屋根を持っていました。2つのギリシャ語の碑文によると、この建物はローマ皇帝クラウディウス(在位41~54年)と、43年にゼウス・ベエルガラソス神に捧げられたことがわかっています。タワーの北西50メートルのところには、他に2つの建物が見えます。最大のものは、犠牲を捧げるための祭壇で、もう一つは小さな柱状の祭壇です。

Faqra, Lebanon [Site 2]
レバノン、Faqra [サイト2]
Carole Raddato (CC BY-NC-SA)

5.アンジャル

8世紀のウマイヤド・カリフ時代に建設されたアンジャールは、地中海沿岸とシリア内陸部を結ぶルートと、シリア北部とパレスチナ北部を結ぶルートという2つの重要なルートが交差する内陸部の交易拠点でした。考古学者がこの遺跡を発見したのは1930年代末のことで、厚さ2メートルの壁に囲まれた約11.4ヘクタール(28エーカー)の要塞都市が発掘されました。

Anjar, Lebanon
レバノン、アンジャル
Carole Raddato (CC BY-NC-SA)

南北軸(カルド・マキシマス)と東西軸(デクーマヌス・マキシマス)という幅20メートルの2本のメインストリートが街を4等分しており、ペリスタイルに囲まれた中央の中庭を持つ部分的に再建された大宮、多数の装飾片を持ち、中央の入り口が豪華に飾られた小宮、そして2つの宮の間に位置するモスク、さらには小さなハレムや浴場など、私的・公的な建物が厳格な計画に基づいて配置されています。

Umayyad Palace at Anjar, Lebanon
レバノン、アンジャールのウマイヤッド宮殿
Carole Raddato (CC BY-NC-SA)

遺跡は、2つのメインストリートが交差する場所に建つ、4本の円柱で構成された記念碑的なテトラピロンを中心に構成されています。これらの建造物は、ローマ時代の装飾や建築要素を取り入れています。

ベイルートの国立博物館を訪れずにレバノンを去ることはできません。印象的で美しく展示された考古学的遺物のコレクションは、この多面的な国の発展を支えた人々の歴史と概要を示しています。

National Museum of Beirut, Lebanon
レバノンのベイルート国立博物館
Carole Raddato (CC BY-NC-SA)

1階には、紀元前3千年紀からビザンチン時代(395~636年)までの、石棺、モザイク、彫像、低層レリーフなど83点の大型作品が年代順に展示されています。上階では、約1,000点の小型で繊細な遺物が年代順に展示されています。地下については、主に紀元前5世紀のフェニキア人の葬送芸術に特徴的な作品が展示されています。

Anthropoid Sarcophagi from Sidon
シドンから出土したアントロポイドのサルコファギ
Carole Raddato (CC BY-NC-SA)

この記事は、『Ancient History Magazine』27号に掲載された記事をもとにしています。

翻訳者について

ADNAN UTKU
私はAdnanです。私は言語を勉強しが好きですよ。英語は私の母語みたいです。そして,私の日本語もいいですよ。グーグルから「デジタル マーケティングの基礎」証明書を取得しました。

著者について

Carole Raddato
Carole maintains the popular ancient history photo-blog Following Hadrian, where she travels the world in the footsteps of emperor Hadrian.

この作品を引用する

APAスタイル

Raddato, C. (2021, February 22). レバノンの考古学的遺跡トップ5 [Top 5 Archaeological Sites in Lebanon]. (A. U. , 翻訳者). World History Encyclopedia. から取得した。 https://www.worldhistory.org/trans/ja/2-1682/5/

シカゴスタイル

Raddato, Carole. "レバノンの考古学的遺跡トップ5." 翻訳者 ADNAN UTKU . World History Encyclopedia. 最終更新日 February 22, 2021. https://www.worldhistory.org/trans/ja/2-1682/5/.

MLAスタイル

Raddato, Carole. "レバノンの考古学的遺跡トップ5." 翻訳者 ADNAN UTKU . World History Encyclopedia. World History Encyclopedia, 22 Feb 2021. ウェブ. 01 Oct 2022.